海外の反応・翻訳ヘッドライン

Home » 料理・食べ物 » ハンバーガーのよくあるCMの裏側…予想していなかった努力がwww→海外「アメージング!!」
ハンバーガーのよくあるCMの裏側…予想していなかった努力がwww→海外「アメージング!!」

ハンバーガーのよくあるCMの裏側…予想していなかった努力がwww→海外「アメージング!!」

pocky_cake


関連記事:
海外「素晴らしいアイディアだ!」 ストロベリー味の『ポッキーケーキ』をご覧ください



 


 

Deconstructed Burger Behind The Scenes from Steve Giralt on Vimeo.

引用:
ハンバーガーの具材が上から落ちてきて、ふわりと1つに重なる。こんなCMを、きっとあなたも1度は観たことがあるかと思います。
大概はCGで作られているこちらの映像を自力で撮影したのが、アメリカ・マイアミ生まれ、キューバ人フォトグラファー&ディレクターのスティーブ・ジラルト(Steve Giralt)さん。
【自作の機械を使用して撮影】
ヴィジュアルエンジニアでもあるジラルトさんが動画サイトVimeoに投稿したのは、撮影の舞台裏。なんでもジラルトさん、ハンバーガーが重なりあう瞬間を撮影するためだけに、自ら専用の機械を作ってしまったらしいのです!
【すべての材料を一気に重ね合わせるよ】
機械の名は、「Precision Arduino Timing Relay Imaging Controller’」、通称「パトリック(P.A.T.R.I.C)」。
パテにベーコン、チーズ、ピクルス、トマト。タマネギにレタス、そしてバンズ。「パトリック」を使えば、これらをすべて上下一直線上に設置し、一気に落下させることができるというわけ。
【躍動感がスゴイ】
これとは別に、ケチャップとマスタードが右と左から飛び出してくるシーンを撮影するための機械も登場。スローモーションで重なりあうそれぞれの具材はなにせ本物なので、リアリティーはCGよりも遥かに上。舞台裏の様子も必見です。
海外サイト「Bored Panda」がジラルトさんへ行ったインタビューによれば、映像が完成するまで、なんと1カ月もかかったんですって! スゴイ熱意!

1: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

これはまじで驚きだ

 

2: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

よくやったな、みんな

 

3: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

これをやる君の忍耐力に感心したよ

 

4: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

見ている人にも、映像作製業の裏で起きていること知るのは良いことだよね

 

5: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

頭良いね!面白かったよ

 

6: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

もっと動画を見たいよ

 

7: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

素晴らしい作品だ

 

8: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

アメージング!!

 

9: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

簡単に取れるものじゃなかったんだな

 

以下オススメ人気記事です!

オススメ関連記事(*´∀`*)



 

引用:youpouchvimeo

画像:youpouch

7 コメント

  1. 利益を税金で持って行かれるくらいならCMに金かけて経費使った方がいいもんな。
    頑張って金かけてくれ。by制作下請けの叫び

  2. あの一瞬をここまでコントロールするとは。
    あんなにふんわりしたの食ったことないけどな

  3. すごく面白かった

  4. 実際には床に散らばる姿を見ると食う気も失せるな

  5. CGじゃないんかい!

コメントを書く

メールアドレス入力不要

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top