海外の反応・翻訳ヘッドライン

Home » 海外の反応 » 完成度高いな!!!裸体…かと思いき、安心してください絵です。→海外「なんて美しいんだろう」
完成度高いな!!!裸体…かと思いき、安心してください絵です。→海外「なんて美しいんだろう」

完成度高いな!!!裸体…かと思いき、安心してください絵です。→海外「なんて美しいんだろう」

img_1906


関連記事:
一枚の写真に世界が注目!!!少年を支える教論の姿に感動→海外「人間の最高の部分」



 


 

img_2016

引用:
女性の体をとらえた写真……と思いきや、なんと本物そっくりの絵! 油絵画家のオマール ・オルティス(Omar Ortiz)さんは、1977年メキシコ生まれ。女性の裸体を主なモチーフとして、スーパーリアリズムと呼ばれる作風の絵を日々描き続けています。
【写真を撮るところからスタート】
スーパーリアリズムとは写真を元にして、対象を克明に描写すること。
オルティスさんの作品制作を記録した映像を観ると、写真やタブレット端末に表示した画像を見ながら描いています。まずはモデルさんを撮影することが、作品づくりにおいて欠かせない工程のようです。
【最終的に行きついたのが「油絵」という手法】
公式サイトによると、オルティスさんはグラフィックデザインの学位を取得。ハンド・ドローイングやパステル画、チャコール画、水彩画、アクリル画、そしてエアブラシなど、さまざまな絵のテクニックを学んできたのだそう。
大学を卒業する際「将来は絵で食べていく!」と決意したのだそうで、その後はアーティストのカルメン・アラルコンさんに師事。油絵を学んだ後、この手法がもっとも優れた技術と確信したことが、現在につながっているんですって。
【細部までじーっくり観て!!】
まずは鉛筆でデッサン。続いて色を重ね、頭に思い描いていたカラーを生み出して、写真そっくりな絵へと仕上げていきます。
皮膚表面の細かなしわや節、きゅっと浮かび上がる筋肉、思わず触れたくなるつややかな髪の毛。もっとも息をのむのは光と影によって生み出される美しい陰影で、今にも動き出しそうな質感から、相当なこだわりが見てとれます。
【作業風景は必見】
「自然光のもとにある肌の色やニュアンスを、どこまで再現できるのか。楽しみながら挑んでいるよ」と、オルティスさん。うっとりと見惚れてしまう作品の数々は、公式ウェブサイトとインスタグラムからチェックすることができます。
また動画サイトVimeoやYouTubeでは制作風景を観ることができるので、ぜひこちらもあわせてご覧になってみてください。

1: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

彼みたいな画家には今まであったことがないよ…

 

2: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

ただ一言だけ、グレート

 

3: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

とてもわかりやすい解説だよ。もっと肌の色ぬりをしている動画をアップしてよ

 

4: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

エクセレントだね

 

5: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

なんて美しいんだろう

 

6: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

女性の体は美しいし、尊敬すべきだろ。なぜ隠しちゃうんだよ

 

7: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

あなたに幸運があることを祈ります!

 

8: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

君になりたいよ

 

9: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

この作品の大ファンだよ、ずっと頑張って欲しい

 

10: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

素晴らしいね、いつかこんな風に絵を描けたらいいな

 

以下オススメ人気記事です!

オススメ関連記事(*´∀`*)



 

引用:youtubeyoupoch

画像:youpoch

51 コメント

  1. 撮った写真と全く同じに描くなら芸術っていうより単なる自慢じゃ?

  2. レオナルドダビンチやミケランジェロやラファエロのような画風だ、
    写実派の絵は観る人に感動を与える。実に見事な絵です

  3. 描いている最中がセクハラしてるように見える

  4. 否定したがる人も居るだろうが
    模写芸の技術を追求したのだから芸術の一つなのだろう
    そして追求された技術を美しいと感じるのも一般的によくある事

  5. 裸で売るヤツって二流以下にしか思えない
    事実その通りみたいだし

  6. 写真を見てスーパーリアリズムの絵を描くほど、無駄なことないか?
    なんの価値もない。元の写真を印刷したもので十分じゃん
    色再現度や解像度からすれば、プリンターで印刷されたものに敵わないし、
    劣化コピーでしかない。芸術の範疇にいれてはいけないと思う。

    • だよな、CDがあれば生演奏なんて劣化コピーで芸術の範疇じゃないよな
      ってことですね、わかります

  7. BGMがシェルブールの雨傘だから
    カトリーヌドゥヌープの顔に見えてくるわw

  8. 写真そっくりに描くならもう写真で良いような…

  9. だから何?以上のものはない。

  10. 焦点深度の問題で、写真は絵画にはならない。
    全てにフォーカスが合っている違和感、それで絵画か写真かの区別が付く。

    • 野暮だけど被写界深度。

      だから大判カメラは絵画的なんだよな。

      • いやあの大判が良いのはダイナミックレンジなんだけど。
        被写界深度とかの話ならパンフォーカス気味な、それこそスマホの方が絵画的だよ。

  11. 写真そっくりなら芸術じゃないとか言ってる無知無学無脳どもは
    カメラができた100年以上前と全く同じ論争している
    時代錯誤の田舎者ということでいいか?

    どんな感想抱いても良いけど田舎もんが酒飲みながら
    クダ巻いている以上の何物でもないからなそれ。
    はっきり言って無駄遣いされたリソースのゴミだよ。ゴミ。

  12. カメラが無い時代だったら価値があると思うけど、今は違うんじゃないの?って気がする

    • カメラが出てきたので写実主義は廃れて印象派が出て来た。
      写真もフィルターワークで印象派的な作品が出て来たらスーパーリアリズムなんて絵も出て来た。
      絶えず新しい論争をしているつもりが古いテーマでぐるぐるしている。

  13. つまりハイレベルな模写ってことでしょ
    模写ってただの劣化コピーだから価値なんてないでしょ

    • まあ価値を見出せない人間からしたら国宝だって犬の餌入れと同じとしか理解出来ないもんだし

    • お前にとっては価値がないならそれでいいと思うよ
      受けてがどう理解するのかも含めて芸術の枠なんだし

  14. 油絵なら筆使いとか立体的になるから近くで見てみると楽しかったりするよ
    音楽でも技巧を追求する人がいるように自己表現と研鑽の延長であり生き方なんだよ

  15. この手の芸術は実際に見ないとリアルな質感とか伝わってこないからなあ
    一見写真と変わらないけど写真じゃ表現できないものを描き込んでる芸術なのに
    これだけ技術が進歩してもそれを写真・画像でしか見られないという歯がゆい状況

  16. 『あ、ちょっとそこ、こそばいの!』
    って見える。

  17. アホばっかやな
    それが模写の延長であってもここまでくれば技術自体が芸術になんだよ

  18. すごい技術ではあるけど芸術ではないな。

  19. 写真以上の何か付加があれば 芸術だと思うけど

  20. 自分は芸術だと思うからこう言うスーパーリアリズムな絵を専門に集めた美術館も好きだわ

  21. 人によって芸術の定義もラインも違うんだから論じるだけ無駄よ。
    写実の追及に芸術を感じる人もいるもいればジミーちゃんの絵に芸術を感じる人もいる。
    違う価値観の否定はケンカにしかならんよ。

  22. 自閉症のひととかスーパーリアリズムが得意だよね。
    アスペ系の人にとっては、これこそが芸術なんでね?

  23. 素晴らしいと思うが、モデルの乳がシリコンってとこがマイナスポイント。

  24. 写真が現実を切り取るだけなのに何故芸術たりえるのかはそれが現実でありながら現実以上の物を映し出しているから
    個人的にはただ本物みたいなだけでは芸術たりえない、本物を見る以上の感動を与える物は芸術である、と思っている
    たとえば若冲が評価されてるのは本物みたいだからではなく本物以上の鬼気迫る迫力と繊細な美しさが画面上に同居しており、見るものがそれに魅了されるからだ
    この絵に本物の女性を越えた魅力や美しさを感じるか、この絵に魅了されるか
    大事な所はそれだけだろうと思う

  25. デジタル変換された情報と人の目を通して描かれたものは等価だろうか
    芸術って自己追求だって人もいるし、この人の作品に共感を得る人が一人でもあればそれでいいと思うけどな

  26. サロンの写術絵画からの反発から印象派が生まれたのにね、
    一周回って写術絵にこの人の見解は辿り着いたって事なんだろうね。

  27. ホキミュージアムだっけ、千葉に日本人作家中心のスーパーリアリズム系の作品ばかりを集めた美術館がある。
    名だたる作家の良作ばかりだが、集めてみるとそこにただ克明に描いた高技術の感動以上に、精神性の反映として優劣が厳然と、そして瞬時に見て取れる。
    たんなる写真の模倣を越えて、不断の努力で視覚と筆先の感覚を磨き上げたもので、高次元の競技のような分野がスーパーリアリズムと言っていい。
    個人的にはあまり興味ないんだけどね…。

  28. 例えばスターウォーズの背景、あれCGが出てくるまでは想像で絵画でやってた、
    どこの星かわからないような背景を、ぱっと見写真に見えるように描いてたわけ。
    そういうのをスーパーリアリズムって言ってたの、やっぱり絵画なんだよ。
    それが写真を元に丁寧に描くだぁ?いつの間に定義が変わってんだよと、アホか。

    これは単なる模写だろと

  29. 絵画の価値は描いたという事そのものも含まれる
    画家がそこに至るストーリーが大事なのです

  30. 写実は研鑽を積めばたどり着ける。
    上手い写実画家なら芸大の学生でもゴロゴロいるよ。
    芸術に昇華するにはそこからの破壊と再構築が必要。

    最近はこの最初の労力さえ惜しんで、いきなり芸術家気取りのバカが多い。
    審美眼のないキュレーターやマスコミがそういったバカを持ち上げる。
    ホビーやクラフトがアートと同じレベルで語られる。
    そんなだから、平気で自分もこのくらい描けると思ったから描きました!なんてのが増える一方なんだよ。

  31. わかるわ、
    オリンピック観てても「速く走れる、だから何?」ってなるし、
    ピアニストの演奏を聴いても「うまく弾ける、だから何?」ってなる
    自分でそこまでの技量を持ちたいと思わないよなぜんぜんすごいことじゃないし
    速い移動ならバイクや車でいいし、コンピューターでいくらでも音楽演奏できるし

    • いや、
      君は、君自身が何も無さ過ぎて何の価値も無い人間という事にさっさと気付いた方が良いと思うよ?

  32. 写真でいいではないかというのを敢えて描くことも作家の伝えたい事であればそれは芸術だと言える。
    一切音の無い作曲や、トイレを飾っただけの作品、作家が相手に伝えたい何かがあるなら、
    相手がなんらかのメッセージを受け取ったら芸術なんだよな。

    芸術とは、表現者あるいは表現物と、鑑賞者が相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動。

  33. モデルを一回写真にとってから、それを模写するってのが引っ掛かる。。
    これが肉眼で見て(あるいは想像で)、同じように描けるってんなら純粋にすごいと思うんだけど。
    まぁ、写真を模写して、それに何かプラスアルファするってことで、そういう試みはあってもいいとは思うんだけど、ようはカメラがなければできない芸術ってことになる。人間の力だけで、カメラに迫る、超えるってのにロマンを感じるがなぁ。
    以前、自閉症か何かの人が写真を見ずにスーパーリアルな絵を描いてたような気もするけど。

    • 目で見て描くことと、写真をみて描く事に何の違いがあるんだろうか。
      また自閉症の人の絵は一種の特技であって、芸術とはいえないような気がする。
      写真と絵では同じ内容でもやっぱり違う。
      人間の手が加わるとその作者の精神が伝わってくる。
      ほんの僅かでも違いを見極める人間の能力って凄いよ。

コメントを書く

メールアドレス入力不要

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top