海外の反応・翻訳ヘッドライン

Home » 動物・機械 » ネズミの脳をコントロール…とにかく獲物を嚙み殺そうとする殺戮マウス誕生か!?→海外「いつ人間実験は始まるのだろう」
ネズミの脳をコントロール…とにかく獲物を嚙み殺そうとする殺戮マウス誕生か!?→海外「いつ人間実験は始まるのだろう」

ネズミの脳をコントロール…とにかく獲物を嚙み殺そうとする殺戮マウス誕生か!?→海外「いつ人間実験は始まるのだろう」

a_very_specific_request


関連記事:
食べ物のおねだりかと思ったら予想外の結果に → 海外「そういえばカラスってそうだよね・・・」



 


 

引用:
イェール大学のIvan de Araujoさんと彼の研究チームがビックリするような実験に成功しました。マウスの脳から「獲物」を殺そうとする衝動をコントロールする2つのニューロンのセットを特定したということです。科学誌Cellで研究結果が発表され、たくさんのメディアが人気ゾンビドラマ『ウォーキング・デッド』を引き合いに出して報じました。

スイッチが入っている間はとにかく獲物を噛み殺そうとし続けたということですから、たしかにゾンビ化と言われても仕方ないですよね…。

2つのニューロンのうち片方は視界にいる獲物を追いかける衝動をコントロールし、もう片方のニューロンは噛むのに使われる顎と首の筋肉をコントロールしているそうです。両方とも脳の扁桃体に位置しているとのこと。

実験ではマウスの脳にレーザーをあてる事のできるヘルメット型の装置を装着させ、レーザーによるスイッチオン、スイッチオフのコントロールが可能か確かめたそうです。その結果、スイッチがオフの状態では普通にカゴの中を歩いていたマウスが、オンの状態になると半狂乱状態になり自分の進行方向にある物を攻撃しようとしたそうです。生きたコオロギ、偽の昆虫だけに留まらず、棒やペットボトルのキャップまで、獲物に飛びついた後は手でつかみ、歯で何度も噛み付いたとのこと。

獲物を追いかける衝動をコントロールするニューロンだけにレーザーで刺激を与えた場合は、殺そうとする顎の動きは見られなかったそうです。

いやー…殺そうとする衝動がこんなに単純にコントロールされてしまうなんて科学、恐ろしいです。当然のごとく、人間にもこのニューロンが存在するのか、という疑問が浮かぶわけですがそれはこの実験の目的ではありません。
「脊椎動物の進化において顎の登場は非常に大きな出来事でした。それによりろ過摂食から能動的な捕食へと移行することができ、顎を持つ捕食者が食物連鎖のトップに立つことになった(Gans and Northcutt, 1983, Kuratani, 2012, Mallatt, 2008)」と論文の導入部にあります。今回のような実験を通して捕食運動の神経回路の仕組みを知ることで脊椎動物の感覚運動システムについて深く知ることが狙いのようです。

New Scientistのインタビューで「現実世界では何がマウスのこのニューロンを刺激するのか」という問に対し、Ivan de Araujoさんは次のように答えています。

それはまだ私たちも知りません。行動学的研究によると、視覚的な刺激、特に小さくて動く物体、が捕食行動を引き起こすのに重要だと示唆されています。

キラーニューロンの仕組み。より深く知りたいような、知りたくないような…。

1: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

いつ人間で試すようになるのだろうか

 

2: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

かわいそうなネズミ

 

3: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

スーパーソルジャープロジェクトに最適だな

 

4: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

トランプにもやってみてよ。もし脳があったらだけど

 

5: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

毎朝起きると、誰かを殺したい気になる

 

6: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

この研究で政府が僕らをみんなコントロールするようになる

 

7: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

MKウルトラか

 

8: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

いつアプリ化するんだ

 

9: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

猫の中に送ってみよう

 

10: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

素晴らしい

 

以下オススメ人気記事です!

オススメ関連記事(*´∀`*)



 

引用:theguardiangizmodo

画像:gizmodo

9 コメント

  1. 中華歓喜

  2. 科学の進歩でリアルバイオハザードにもう一歩だ
    行けアンブレラ

  3. 人間の脳で、セックスしたくなる部分を発見できたら、ぜひ女に使いたい。
    俺の顔じゃそうならないらしいからね。
    なに、人類とは、敵わない相手には道具と作戦を駆使して戦ってきた歴史がある。こんどもうまく行くさ。

  4. こんなことしていいのかよ
    どう考えてもこっちのが捕鯨より邪悪だろ

  5. 捕鯨で騒いでる国がイルカを操作して爆弾積ませて突っ込んだりしてたな

  6. 人間だって外部からの強制力に対抗するために手足を使って暴れるけど
    その強制力が度を過ぎたものだと気でも狂ったかの様に必死に噛み付いてきたりするでしょ
    無我夢中に強制力から解放されるために死に物狂いで噛み付き暴れる光景ってあるでしょ
    それと同じでしょ、痛みに例えたら、それはもう耐えがたい痛みに襲われて暴れるようなものだよ
    ネズミも噛む事でストレスを解消しようとしてるだけなんだと思うよ、人間側のいうところの発見とは違うと思う

    • あんたにゃ、この文章は難しすぎたか?

      >>獲物を追いかける衝動をコントロールするニューロンだけにレーザーで刺激を与えた場合は、殺そうとする顎の動きは見られなかった

      この部分を100回読み直そうな。理解できたら顔真っ赤にして寝ろ。その道の専門家が、おみゃぁみたいな薄脳でも考えつくことを認識してないはずないつーの。

コメントを書く

メールアドレス入力不要

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top