海外の反応・翻訳ヘッドライン

Home » 海外の反応 » ナイスバディに引っ掛かったwwネットのデート相手、実は他人の写真を使っているかも…→海外「よくある手口w」
ナイスバディに引っ掛かったwwネットのデート相手、実は他人の写真を使っているかも…→海外「よくある手口w」

ナイスバディに引っ掛かったwwネットのデート相手、実は他人の写真を使っているかも…→海外「よくある手口w」

1340-pni


関連記事:
「水着の上が・・・」ブラジルの番組で起きた素晴らしき瞬間をご覧くださいwwwwwww



 


 

引用:
SNSが発達したせいで、最近は ‟キャットフィッシング” といって、他人になりすましてネット恋愛を仕掛けるユーザーの犠牲になる人が増加している。

そして、ある女性がネットで、‟自分の体の写真” が無断で借用されているのを発見! 「なりすまし詐欺」について、十分気を付けるよう注意を呼びかけているのである。

・キャットフィッシングって何!?

まずは、‟キャットフィッシング” について簡単に説明したいと思う。キャットフィッシングとは一種のなりすまし詐欺で、他人の写真や偽名を使って自分を偽り、SNSや出会い系サイトでターゲットを騙す行為だ。

若くてピチピチの美女とメールのやり取りをして盛り上がっていると思ったら、実のところ、相手は中年太りのおじさんだった……といったケースが数多く報告されているのだ。海外では、キャットフィッシングの犠牲者を取り上げたドキュメンタリー番組まで製作されるほどで、ネットが発達した現代独特のケースだと言えそうである。

・アカの他人が ‟自分の体の写真” を無断借用!

では、本題に入るとしよう。ある日、Twitterユーザーのジェシカ・ハントさんが、たまたまネットで、アカの他人が ‟自分の体の写真” を使用しているのを発見! 自宅のキッチンで、エメラルドグリーンのセクシーなドレスでポーズを取っている写真なのだが、発見した写真は顔の部分だけ変えられていたのである!!

イギリス出身の彼女は、Instagramのフォロワー94万人を誇るほどの美女で、プロポーションも抜群! そんな彼女のナイスバディを ‟拝借” したアカの他人は、その加工写真で男を引っ掛けようとしているのだろうか。

・キャットフィッシングも手が込んできた!?

ジェシカさんは、「オーマイゴッド! これって、私の体で私の家だけど誰の顔!? キャットフィッシングって妙になってきたわね」とツイート。

彼女が、どこのサイトで問題の写真を見つけたのかは不明だが、そのまま写真を使われるのではなく、‟部分的” に勝手に拝借されるケースもあるから気を付けるようにと注意を促している。

特に、SNSをプライベート設定にせずに公開している人は、「勝手に写真を使ってくれ」と言っているようなものだ。自分の画像を無断借用されたくない場合は、親しい人にしか見せないよう設定を変更するなどの配慮が必要ではないだろうか。

1: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

マジで、変な人がいるのね

 

2: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

または同じドレスと同じキッチンを揃えるべきね

 

3: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

ニュースか?こんなのみんな経験してるよ、僕も前にあったよ

 

4: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

悲しいね

 

5: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

このドレスって前と後ろが逆じゃないのか?

 

6: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

世界は狂って来ちゃったよな、みんな自分のことが好きすぎるんだよ

 

7: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

素晴らしい、どこでこんなキッチンを手に入れられるかな?

 

8: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

どのデートサイトでも起きてることだよ。顔を変える奴もいるよ

 

9: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

私、私、私

 

10: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

新しい顔だったらもっとかわいくなったよ

 

11: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

セックスドールみたいだな

 

12: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

最初の写真は実際の女性の顔がどんなのかわからない男しか釣れないと思う

 

以下オススメ人気記事です!

オススメ関連記事(*´∀`*)



 

引用:metrorocketnews

画像:metro

1コメント

コメントを書く

メールアドレス入力不要

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top