海外の反応・翻訳ヘッドライン

Home » 海外の反応 » 目が離せない!!高度なジャグリング技の連続がスゴイ!!!→海外「僕もジャグリング上手くなりたい」
目が離せない!!高度なジャグリング技の連続がスゴイ!!!→海外「僕もジャグリング上手くなりたい」

目が離せない!!高度なジャグリング技の連続がスゴイ!!!→海外「僕もジャグリング上手くなりたい」

maxresdefault


関連記事:
酔った勢い?パトカー相手に挑発行為をする男性 → 海外「アメリカだったら・・・」



 


 

引用:
ボールなどの道具を使って数々の技を披露する、ジャグリング。古代エジプト王墓(おうぼ)の壁画には、複数の球を投げ上げる女性が描かれていたことから紀元前2000年頃から存在したとされているようだ。

古くから親しまれているジャグリングだが、近頃では人に見せるという目的ではなく “スポーツ” として楽しむ人も増えているのだとか。そんな中、今回ご紹介するのは、ジャグリングの大技の数々を収録した動画である。ぜひ、この動画でジャグリングの “今” をご覧いただきたい。

・人気YouTubeチャンネル「Kuma Film」が公開

世界中のパフォーマンスを紹介する人気YouTubeチャンネル「Kuma Film」が公開した動画のタイトルは『Juggling Trick Shots & Other Awesomeness!』だ。ボーリングのピンの様な棒「クラブ」のほか、「リング」や「シガーボックス」などを使ったジャグリングを見ることが出来る。

・始まった瞬間から目を奪われる内容

まずはパフォーマー達がクラブをリレー形式でメンバーへ投げ渡しながら技を披露するシーンからだ。1分間ほどリレーが続くのだが、どのパフォーマーも楽しそうで、技の仕上がりも完璧! 始まった瞬間から目を奪われる内容となっているぞ。

このように複数のパフォーマーが連携プレイを駆使する大技は、そう簡単にお目にかかれるものではないだろう。さらには高画質で撮影されていて臨場感バツグンなところもポイントである。

深い歴史を持つジャグリングは、これからもますます人々を惹きつけて止まないようだ。ぜひこの機会に、華麗な技の数々を鮮明な映像でご覧になってみてはいかがだろうか。

1: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

鳥肌が立つくらい素晴らしい!

 

2: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

1:07 ヘンテコすぎるイリュージョンだ

 

3: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

わお、2017年早々強烈なキックをかましてくれたぜ。ナイス動画

 

4: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

ただ凄い。しかも良く撮影できている

 

5: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

最初のシーンを撮るのにどれくらい時間がかかったんだろう

 

6: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

僕もこれくらいのレベルになりたいよ

 

7: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

1:48 僕のお気に入りの部分だな

 

8: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

1:28 のジャグリングのスタイルはなんて呼ぶんだ?

 

9: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

あなたの動画大好きだよ。ぜひ続けてほしい、もっと見たい

 

10: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

見ていて、すごく満足した

 

11: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

3単語だな。オーマイゴッド

 

12: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

ジャグリングが上手くなりたいって思った

 

13: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

もっと動画をアップして、お願い!

 

以下オススメ人気記事です!

オススメ関連記事(*´∀`*)



 

引用:youtuberocketnews

画像:rocketnews

4 コメント

  1. 俺もジャグラーだぜ、パチ屋通いの

  2. 最初のはリレーを1カットでやってるから、凄いと思う。
    しかし、ジャグリングもどんどん奇抜な方へ行ってるな。
    先人と同じだと評価されないから、オリジナルを考えないといけないのは分かるんだけどね。

  3. 1:50あたりの女性の手が3本に見える…

  4. 趣味ジャグラーで大したこと出来ないけど
    超ロングパッシングはすげぇと思いました(小並感)

コメントを書く

メールアドレス入力不要

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top