海外の反応・翻訳ヘッドライン

Home » 海外の反応 » お巡りさん、僕飲酒運転じゃありません!!!!→衝撃の方法で無実を証明した男性www
お巡りさん、僕飲酒運転じゃありません!!!!→衝撃の方法で無実を証明した男性www

お巡りさん、僕飲酒運転じゃありません!!!!→衝撃の方法で無実を証明した男性www

when_you_are_kinda_slow_to_react


関連記事:
(逆の意味で)驚異の反応速度を見せる猫ちゃんをご覧くださいwwwwwww



 


 

引用:
思わず警官も笑顔! 飲酒を疑われたドライバーのパフォーマンスとは?

警察によって公開された映像が話題なっていましたので紹介します!
ぜひご覧下さい!
アメリカ、アーカンソー州、深夜のパトロールを行っていたパトカーが発見したのはとある車
のろのろとしたスピードで走り、なおかつ怪しげなナンバーであるその車を、当然ながら警官達は近くの駐車場にとめさせます
警官の1人がドライバーに近寄っていくと、取り調べが始まりました
ある程度調べがついたのか、はじめから疑っていた飲酒の有無を検査することになりました
すると、車を降りたドライバーは警官たちにある提案をします
それは飲酒検査の代わりに、とあるパフォーマンスをすることでした!
さて、ここからは映像をご覧下さい!(笑)
たしかに酒に酔っていては、出来そうもない素晴らしいパフォーマンスです! これなら疑いが晴れるのも頷けますね
しかし、それにしてもアメリカのこういう粋というかユーモアがあるような文化性はおもしろいですね(笑)
それでは映像の方をどうぞ! (3:45秒あたりから再生してみて下さい)

1: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

プレッシャーのなか、やり遂げたな。尊敬する!

 

2: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

ナンバープレート公表 笑

 

3: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

酔っ払っている時だけ、ジャグリングをするのかもしれない

 

4: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

そろそろ僕もジャグリングを学ぶか

 

5: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

自分を消すマジックをしたらどうなっただろう

 

6: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

彼が黒人だったらこうはいかなかった

 

7: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

黒人なら殺されてたね

 

8: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

面白いね

 

9: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

誰かが警察に止められた時の映像を見るって良いね

 

10: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

すごく白人っぽいな

 

11: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

ドアを閉めないのかよ…

 

12: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

なんでも効果があればいい

 

以下オススメ人気記事です!

オススメ関連記事(*´∀`*)



 

引用:youtubesmashm

画像:smashm

14 コメント

  1. アメリカは少量の飲酒ならよかったりするの?
    違うなら飲酒検査しないのはダメでしょ

  2. スピード落としてるのが怪しいと思って止めたけど
    この人がスピード落としてたのはテールランプ切れたことに気づいて安全運転してたからだからね
    そもそもが酒と関係ない

  3. アメリカなら射殺されてるね

  4. ナンバー嘘つかない

  5. クラブが武器と見做されなくてよかったな。

  6. 日本も飲酒運転の検査に取り入れたらいいんじゃないか?
    酒飲んでなくても私は失敗するがな

    • はい失敗しましたね!
      酒飲んでなくても飲酒運転とみなしま~すw

      とかなったらやだろ。

      • 飲酒運転の検査をしますのでジャグリングをお願いします
        あれその投げてるビンってビールの空き瓶ですよね?ちょっと詳しいお話いいですか?
        とかギャグみたいな展開もあるかもしれない

  7. 黒人なら道具を取り出した時点で射殺されそう

コメントを書く

メールアドレス入力不要

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top