海外の反応・翻訳ヘッドライン

Home » 海外の反応 » 足首が…!!足を外側に回転させる、怖すぎるギネス記録誕生www→海外「クレイジーだろ 笑」
足首が…!!足を外側に回転させる、怖すぎるギネス記録誕生www→海外「クレイジーだろ 笑」

足首が…!!足を外側に回転させる、怖すぎるギネス記録誕生www→海外「クレイジーだろ 笑」

PAY-MAN-SPENDS-50K-TO-BECOME-ALIEN


関連記事:
エイリアンになりたくて100回以上整形した男性www→海外「誰も宇宙人を知らないのに、どうなる気だ?」



 


 

引用:
ギネスブックを発行するギネスワールドレコーズは、今月6日、「足を外側に回転させる」角度の新たな世界記録保持者となった少年(14才)を、YouTubeビデオで紹介した。

つま先が後ろへ、かかとが前へ

彼の名前はマックスウェル・デイ君。ロンドンに住む14才だ。ビデオには、彼が両足のつま先を外に開き、ぐるりと後ろに回してしまう様子が映っている。その時の顔はまったく苦しそうではない。関節が人一倍柔軟なだけだ。
前記録保持者はたいしたことない

デイ君が新記録保持者となったきっかけは、2015年に開催されたコンピューターゲームファンのコンベンション「MineCon」だ。

その会場でギネスワールドレコーズのライブ放送があり、壁に張られていた記録保持者たちの写真を見たデイ君は、「足を外側に回転させる」という部門でモーゼス Lanhamという人(下の写真)が世界記録を持っていると知る。

02-3

彼はその場で、ギネスワールドレコーズのスタッフに「僕なら世界記録を破れる」と伝えたそうだ。

正式な登録申請をしたデイ君の「足を外側に回転させる」角度を測った結果、右足は審査員も驚く157度、左足は143度。軽々と世界記録を破っていた。ちなみにモーゼスさんの持つ世界記録はそれぞれの足で120度だ。

僕にとっては普通のこと

「痛みはまったくない。僕にとってはいつでもできること」とデイ君は言っている。以前から自分の名前が何かの本に載るといい、と思っていた彼は、今回、ギネスブック2017年版に名前が掲載されるのを楽しみにしているそう。

記録を破られたモーゼスさんは、「足を外側に回転させる」チャンピオンではなくなったものの、「つま先を後ろに向けたままでの競歩」で世界記録を持っている。

世の中には変わった才能の持ち主がいるものだ。

1: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

これを気持ち悪いと思うのは、僕だけだろうか

 

2: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

これを家でやってみたのは、僕だけだろうか

 

3: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

インドの伝説によると、これは幽霊らしい

 

4: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

僕もできるよ、全然難しくない

 

5: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

この状態でスクワットをやったら流石にすごいぞ

 

6: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

みんなこれくらいできるよ

 

7: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

僕も右足だけもう少しでできそうだ

 

8: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

君はこれで女の子をナンパするのか

 

9: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

いったい目的はなんなの

 

10: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

クレイジーだろ 笑

 

11: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

フリークショーだな

 

12: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

100パーセントフェイクだな

 

13: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

彼は人生でどこに到達したいのだろうか

 

以下オススメ人気記事です!

オススメ関連記事(*´∀`*)



 

引用:youtubeirorio

画像:irorio

4 コメント

  1. アメリカなら射殺されてるね

  2. 高校の友人に同じことが出来る奴がいた
    知能は中、少し運動音痴。

  3. ナポレオンズなんか首10回くらい回せるだろ

コメントを書く

メールアドレス入力不要

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top