海外の反応・翻訳ヘッドライン

Home » 海外の反応 » 今年で40回目の世界的最大規模の自転車レース、強風のために中止に
今年で40回目の世界的最大規模の自転車レース、強風のために中止に

今年で40回目の世界的最大規模の自転車レース、強風のために中止に

IMG_4702


関連記事:
海外「くそ、うちの妻じゃ重すぎる…」→イギリスでシュールすぎる”妻担ぎ競争”が開催されるwww



 


 

世界最大規模のライドイベントとして知られる、ケープタウンサイクルツアー。今年も例年通り約35,000人がこのレースに参加するために南アフリカのケープタウンに集まりましたが、あまりもの強風にレースが中止になってしまったようです。その時の風の強さが分かる映像をご覧ください:


1: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

スタートとゴールを逆にしてレースをすれば良かったのでは?そうしたらみんなが世界新記録レベルの速さで走れてただろ

 

2: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

>>1

全く同じことを言おうと思ってた

 

3: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

参加するために集まった人には悪いけど、この映像を見てたら笑えてきたわw

 

4: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

強風か・・・でも木があまり動いていないように見えるんだけど?

 

5: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

どうせならこの風に乗って走りたいものだwww

 


6: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

音声無しで見たら、まるでわざとアホっぽくしてるみたいで笑ってしまったwwww

 

7: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

もしかして中止されたのってこれが初めてなんじゃないか?

 

8: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

風が特に強い日のサンフランシスコの橋(ゴールデンゲートブリッジ)もこんな感じだよ

 

9: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

レース用の自転車は軽いから余計に大変だよなwwww

 

10: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

わざわざ南アフリカまで行ってこれは泣けるw

 

以下オススメ人気記事です!

オススメ関連記事(*´∀`*)



 

引用:BBC News

画像:BBC News

13 コメント

  1. 事前に分からなかったのかw

  2. 人が引きずられるほどの風ってすごいね。

  3. 情けない
    如何なる自然条件でもやらないとダメだろ
    そういう風のなかでどう対処するかこそが屋外競技の意義だし、魅力だ
    いやなら室内トラックで開催しろよ

    • 津波の中でトライアスロンしろといってるようなものだ

    • 映像見てその発言しているなら頭おかしいとしか言えない。
      自転車乗りならほとんどの人がわかると思うが、あの状況で大会を開催するなんて自殺行為以外の何物でもない。
      「情けない」というのなら風速10m/s以上の時に自転車に乗ってみるといい。
      強風がいかに恐ろしいか体感できるだろう。
      その後に同じようなこと言えるかどうか聞いてみたいわ。

    • ネタで言ってるんだとは思うけど、一応ツッコミw

      ユーは“対処”すればいいと言ってるが、前に進めないほどの強風の中で、どういう“対処”をすれば前に進めるようになるんだよw

      ユーの言う“対処”が「自転車を捨てて匍匐前進」とかのネタでしかない案なら、運営に提案してもまったく相手にされないと思う。

  4. 逆方向に走ったら死傷者続出だろ。

  5. 開始直前に急に強くなったんだろうな
    さすがに準備段階でこの風なら誰もやろうとは思わんだろう

  6. 自転車操業という言葉は現実世界では夢のまた夢かも。
    自転車レースが中止という風のたよりだけはあるな。

  7. ライドイベントとレースの違いもわからないのかな?

  8. 逆走ワロタ

  9. 自転車運びレースか これは大変そうだ

  10. 自転車抜きにしてもこういう暴風障害レースは面白そう

コメントを書く

メールアドレス入力不要

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top