海外の反応・翻訳ヘッドライン

Home » 海外の反応 » 厳しすぎる!!!たった5歳の少女が祖母と曾祖母の介護、炊事や家事も。両親は不在。→海外「彼女には子供時代がないんだな」
厳しすぎる!!!たった5歳の少女が祖母と曾祖母の介護、炊事や家事も。両親は不在。→海外「彼女には子供時代がないんだな」

厳しすぎる!!!たった5歳の少女が祖母と曾祖母の介護、炊事や家事も。両親は不在。→海外「彼女には子供時代がないんだな」

when_you_get_left_on_babysitting_duty


関連記事:
間違えた相手に赤ちゃんの世話を頼んだ結果wwwwww



 


 

3E013AF700000578-4285582-image-a-6_1488817575102

3E013B7500000578-4285582-image-a-9_1488818373402

3E0139F000000578-4285582-image-a-10_1488818450149

引用:
まだたったの5歳だというのに、この女の子には世話をしてくれる大人がいない。むしろこの子が世話をしなければならない高齢の大人が2人いるという。なぜこんなにも過酷な運命に生まれてしまったのであろうか。思わず目頭が熱くなるような話題が中国の貴州省から飛び込んできた。
現在、母方の祖母と92歳の曾祖母とともに暮らしているという5歳のWang Annaちゃん。父親は罪を犯してこの子が生後3か月の時に刑務所に収監されてしまった。母親はAnnaちゃんを連れて貴州省の農村地域にある夫の実家に身を寄せていたが、しばらくするとある男性と再婚し家を出てしまったという。

しかし残されてしまったAnnaちゃんを世話し、可愛がってあげるほど祖母や曾祖母は裕福でも健康でもなかった。祖母は重い関節炎を患って家事や育児どころではないうえ、曾祖母は寝たきりに近い。こうしてAnnaちゃんは炊事をはじめ日々の家事に追われ、高齢の2人の体を清めてやっと一日が終わる、そんな暮らしをしているのであった。

この3人の生活を「何とか助けてあげたい」と隣人たちも心配しているとのこと。そのため自分たちの畑で獲れた野菜を分けてあげるが、それを調理するのはAnnaちゃんしかいない。小さな手で包丁を握りしめ、鍋をつかみ、精一杯美味しい料理を作ろうとするAnnaちゃんの健気な姿に同情しない者はいないという。

だが“涙ひとつこぼすことなく”頑張る5歳女児などいるはずがない。Annaちゃんは時おり写真のパパ、ママを見つめてボロボロと大粒の涙を流し「会いたい、寂しい」と言っては泣きじゃくるそうだ。何とかこの話題が母親の目に、耳に飛び込み「娘を呼び寄せたい」と彼女の心が動くよう祈らずにはいられない。

家庭内のトラブルや親の出稼ぎにより、幼い子が祖父母宅に預けられることがとても多い中国。時には悲惨な事件、事故も起きてしまうようだ。湖南省双峰県では、1歳9か月の女児を預かっていた45歳の祖母がその子を腕に抱えたまま浴室で突然死亡した。発見は1週間後。2人の全身をウジ虫が覆っていたという。

中国では若者が祖父母を慕い、大切にすることもまた有名である。四川省の20歳の女子学生は大学近くのアパートを借りて父方の93歳の祖母と暮らし、勉強とアルバイトの合間を縫ってその面倒をみている。父親が他界し、母親がその悲しみで精神を病んでしまったなか、祖母が脚を骨折して動けなくなってしまったことが原因だ。彼らに経済支援を申し出る者もいるが、「おばあちゃんが大好き。当然の恩返しをするまで」と断っているそうだ。

1: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

なんて勇気のある女の子なんだろう。おばあさんたちは彼女がいてラッキーだったね

 

2: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

きっとイギリスでもこれが普通になるぞ、高齢者の社会社会保障をカットしたからね

 

3: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

大人が子供の面倒を見るよりもしっかり世話をしているね

 

4: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

優しいと思うけど、女の子には子供時代を過ごさせてあげてほしい

 

5: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

たった5歳の子がどうしたらこんなこと全部やってのけるんだ?

 

6: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

この可哀想な女の子に、神のご加護がありますように

 

7: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

母親は自分を恥ずべき。自己中心的すぎる。

 

8: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

なんてラブリーな子なのかしら

 

9: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

どこで彼女への寄付をしたらいいのだろうか

 

10: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

世界中にいる他の怠惰な子供たちに教えてあげてほしいよ

 

11: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

おばあさん達が亡くなってから、彼女が大丈夫だといいけど…

 

12: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

この幼い女の子には、幼い女の子らしくいられる機会がないんだ

 

以下オススメ人気記事です!

オススメ関連記事(*´∀`*)



 

引用:dailymailtechinsight

画像:dailymail

31 コメント

  1. 手がきれいすぎる。

    • 冷静だな
      手だけでなく、身なりも家の中も全体的に奇麗すぎるわ
      どういう意図があってこういう記事を作り上げたんだろう

    • あと髪形な。あれ、一人でできる髪形じゃない。学校行ってるなら友達かもしれないけど、5歳じゃ中国でも義務教育ではないはず。

    • 使ってる背負子も綺麗すぎる。
      最近買ったとした思えない使用感のなさ。
      五歳児が本当に家事介護までできるのかという疑問も。
      ずっとしてきたのなら4歳の時も?まさか3歳のときも家事してたのか?
      流石にそれは無理がありすぎる。

      本当にいるのなら助けてやって欲しいけど

  2. ばあちゃんが孫だいたまま2人とも腐敗…リアルに文章だけで涙が出たわ…

  3. まぁ昭和の俺の感覚だと 戦後の日本にや昭和中期の地方には 日本にも似たような光景があったからね
    肌で感じる悲しさの光景・・・ 

  4. 誇大記事ではないとしたら、気の毒過ぎて泣ける
    幼子捨てる親の行動といい信じられん

  5. 周りの人たちも貧しいんだろうなぁ。
    どうにかしてあげないと。

  6. えぇ…
    国が保護するべき
    生まれて4年とかまだ何も考えずに走り回ってた時代だろ

  7. これを放置して自分たちだけ資産構築してる共産党の幹部連中は国連の人権委員会に訴えられないといけない。

  8. 中国は年金とか無いのか?

  9. ママが発情して出て行った。中国タヒね。ヘイトか?

  10. こういう人が居ないようにするのが共産主義 共産党のはずなのに

    • 共産主義ってのは誰もが聖人聖者でないと成り立たない
      つまり現実に存在し得ない机上の空論

      人間の欲望や社会発展への希求、自由への希求や人類が構築してきた社会システムの否定
      現実を否定したものが共産主義であり、現実を否定したものが現実的であるはずがない

    • 冷戦期にあったガチの共産主義体制だと、共産主義体制下でこんな事態が起こる事はあり得ないので、現実にあったとしても無かった事にされ、なんの対策も為されないであろう

      チャウシェスクの子供達や猟奇殺人など共産主義に不都合な点は散々隠蔽されてきた

  11. こりゃひどい
    せめて母親は通いでもいいから世話しに来いよと言いたいわ

  12. 5歳で火を使った調理か、火傷しなければいいが

  13. 子供はいつかは大人になる
    それがいつなのかは決まってはいないんだよな
    まだ若いのに一家の大黒柱になる人もいれば、30、40過ぎて結婚しても息子気分や娘気分が抜けられない人もいる

    でも、この子は本当に不憫すぎる
    でも、たくましく生きて欲しい。幸せになってほしい

  14. 不憫過ぎる・・・・・こんな事が有って良い筈が無い。
    5歳だぞ・・・何処にでもクズの親ってのは居るもんだが・・・。

  15. お米数表で丁稚奉公してたおしん思い出す

  16. 中国共産党「こんな記事を書くな!代わりにもっと日本をみんなで憎める記事を書け!」

  17. 中国じゃ昔からある珍しくない話。
    ババアどもの面倒見させるために子供作ったんだろ。

  18. くっそ・・・。この子には幸せになって欲しい

  19. お役所は何してんだ。
    共産党の福祉はどうなってんだよ。

  20. お隣さんは貧しい中からできる支援はしてくれてるんだなあ…
    もっと助けを与えられる中国人はどこでなにやってんのか

  21. ともに助け合う理念なのに共産主義でこんなことが起きる不思議。背筋主義の資本主義のほうが社会のセーフティネットはまともだろ。

  22. 報道されたら寄付は集まるだろうけど、とりあえず婆ちゃんの関節炎の治療したら何とかなりそうな気する

  23. まあでもこんなの途上国では珍しいことじゃないだろ
    先進国の目線で見すぎ
    ブラジルでもインドでもカンボジアでもアフリカでもストリートチルドレンはみんなこうやって過酷に生きている
    住む家もなければ食い物もないが生存競争に生きていくためには甘えてられないから自分で食料を探さなければならない
    食い物見つけられなければ死があるのみ
    この子は畑があるし血の繋がった人の近くにいられるだけマシ

  24. むかし『おしん』を観てた時に婆ちゃんに「かわいそうだねえ」って言ったら
    「戦後はこういう子は珍しくなかったよ」って言われたのを思い出した。

    自分達の世代だと安達祐実の『家なき子』みたいな
    画面の中の別世界の話のように感じて、メロドラマ感覚で見てたけど、
    それより上の世代だと、かつての日常の再現ドラマのように捉えてたんだろうなと思う。

コメントを書く

メールアドレス入力不要

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top