海外の反応・翻訳ヘッドライン

Home » 動物・機械 » イギリス、ドッグショーでお茶目すぎるワンコが大人気にwww→海外「典型的なジャックラッセル」
イギリス、ドッグショーでお茶目すぎるワンコが大人気にwww→海外「典型的なジャックラッセル」

イギリス、ドッグショーでお茶目すぎるワンコが大人気にwww→海外「典型的なジャックラッセル」

when_you_get_left_on_babysitting_duty


関連記事:
間違えた相手に赤ちゃんの世話を頼んだ結果wwwwww



 


 

引用:
イギリスで開催された世界最大級のドッグショー「Crufts 2017」に出場。会場を大いに沸かせていたのは、ジャック・ラッセル・テリアのオリー(Olly)です。

救助犬としての機敏さを競う「Rescue Dog Agility」コースに現れたオリーは、観る者の度肝を抜く勢いの猛スピードでコース中を駆け巡るのですが……。

あまりに勢いがありすぎて、失敗もいっぱい。時折コースからはずれて壁のニオイを嗅ぎにいったりと、自由なことこの上ないんですよね。

【過去は振り返らない主義です】
スタート早々ハードルに激突し、バーを落としてしまったオリー。

本来ならばぴょーんとハードルを飛び越えなければいけなかったわけなのですが、失敗してしまったものはしょうがない。さっさと次へ行く潔さが、実に気持ちいいっ!

【ワンコ「しっぱい? なにそれおいしいの?」】
続いてオリーは、先ほどの失敗を取り返すかのように、次々ハードルを飛び越えていきます。

弾丸が行くようなスピードで機敏さをアピールしますが、ジグザグ歩行がうまくできずに苦戦。最後のほうでは、コースからはずれて壁の匂いをかぎに行っちゃったりも……。

観客も解説も自由奔放なオリーに爆笑。当の本人(犬)は、失敗しようがぜーんぜんダメージを受けていない様子ですけども。ってか、むしろ楽しそうなのよねぇ……憎めなくってきゃわゆい。

【よく頑張ったで賞をあげたい】
「スピーディー」という点においては文句なしですが、少々おっちょこちょいでマイペースなところがたまにキズ。だけどそこが大きな魅力でもあるオリーの名演技は必見です。

海外メディア Mashable によれば、入賞は叶わなかったようです。でも、わたし的「頑張りました大賞」は間違いなくオリー、あなたよ……!

1: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

ワンちゃんが楽しそうにしているのを見て、こっちも楽しめたわ

 

2: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

犬: なんだよこれ、もういいや、楽しんじゃおう

 

3: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

犬が好きなのと同じくらい、アナウンサーも好きだわ。優しいひとね

 

4: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

典型的なジャックラッセルだよ

 

5: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

金曜日に仕事を終えた時みたいだ…

 

6: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

なぜみんな犬じゃなくて猫を選ぶんだろう、犬には個性がたくさんあるのに。

 

7: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

素晴らしいね、ワンちゃんも好きみたいだ

 

8: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

ピュアでハッピーだね。私の月曜日もこんなふうだったらいいのに。

 

9: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

僕の飼っている犬とそっくりだ。

 

10: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

ヘルメットが必要ね…

 

11: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

次はうまくいくことを願ってるよ

 

12: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

だからドラッグはやるなと…

 

13: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

笑顔になれたな

 

以下オススメ人気記事です!

オススメ関連記事(*´∀`*)



 

引用:youtubeyoupouch

画像:youpouch

10 コメント

  1. あ〜可愛い^^わんこがはしゃいでる姿を見るのが私の一番の幸せ^^

  2. アメリカなら射殺されてるね

  3. 猫には個性がないと思ってるバカ発見

  4. お犬様向け「やりたい放題」

  5. 本人が楽しそうだからそれでいいよw

コメントを書く

メールアドレス入力不要

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top