海外の反応・翻訳ヘッドライン

Home » 海外の反応 » 意外に知らなかった!?”水”と”お湯”の音の違いとは??→海外「僕には全く分からなかったw」
意外に知らなかった!?”水”と”お湯”の音の違いとは??→海外「僕には全く分からなかったw」

意外に知らなかった!?”水”と”お湯”の音の違いとは??→海外「僕には全く分からなかったw」

why_would_you_stand_there


関連記事:
海外「なぜみんな動かない!!」 雪の積もったホームに電車が突入するが・・・



 


 

引用:
動物やヒトが持つ多くの感覚のうち、主な5つの要素を「五感」という。これは、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を示しているのはご存知の通りだ。

今回はその五感の中から「聴覚」にスポットを当てた実験動画をご紹介したい。“水” と “お湯” をそれぞれコップへ注ぐと……実は全然違う音がしていたのだ!

・“水” と “お湯” の音の違いを確かめる実験
実験を披露してくれるのは、サイエンス動画が人気のユーチューバー「Steve Mould」さんだ。そんなSteveさんが教えてくれるのは前述の通り、“水” と “お湯” を注いだ時のそれぞれの音の違いである。

実験方法は、同じのポットとコップを使って水とお湯を注ぎ、音の違いを確かめるという簡単なもの。なお、湯気でわかってしまう可能性もあるため初めの映像にはボカシが入り、音声のみが聞こえるよう編集されている。

しかし不思議だ……なぜなら、水とお湯の音の差がはっきりと聞き取れるからである。これは、筆者のみならずきっと多くの人が同じに違いない。しかしなぜ、水とお湯でこんなにも音に差が出るのか?

動画中の解説によると、水もハチミツと同じで、冷えている時は粘度が高くドロドロだが、温かい時は粘度が下がってトロトロになっているのが原因とのこと。確かに水は固く、お湯は柔らかい音がしているような気もする。

ぜひ、あなたも動画でそれぞれの音を聴き比べてみてはいかがだろうか。きっと、明らかな違いを実感できるハズである。

1: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

この動画は素晴らしい

 

2: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

2が熱いお湯だろうな。ケトルからカップにお湯を注ぐ時の音と全く同じだ

 

3: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

いいね、知っているって知らないこととしてシリーズ化すべき

 

4: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

僕には違いがわからない…

 

5: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

水は実に面白い液体だな

 

6: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

小学校で、先生が教えてくれるよ

 

7: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

僕は完璧に違いがわかるよ

 

8: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

すごいな…さて、トイレに行くか

 

9: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

お湯の方が柔らかい音がするね

 

10: ワールドアクションが翻訳しました(*`・ω・)ゞ

数年前にこれを独自に発見したけど、誰も信じてくれなかったよ

 

以下オススメ人気記事です!

オススメ関連記事(*´∀`*)



 

引用:youtuberocketnews

画像:rocketnews

27 コメント

  1. 想像以上に粘度の違いが感じられた

    • 俺は 小学生の低学年くらいから 水と湯の音の違いも 粘度の違いも学校で教わらなくても
      生活の中でなんろなく理解してたよ・・・
      お風呂に入るとき かき混ぜる棒があるでしょ あれで 湯加減みるのにかき混ぜる際 水だと重くて力がいるんだかど お湯だと軽くなって 湯温が高ければ高いほど軽くなるのを感じてた
      水と湯 撒くときも バシャッ!とパシャ!と違う音がして 桶に汲んだ際の重さも水の方が重く お湯の方が軽く感じてた・・・ おとなになって 水とお湯は 同じ100mlでも 比重がちがうので 重さが違い 湯の方が重量は軽いといことをしって やっぱりそうだったんだぁと思った

  2. 無意識のうちに認識してた気もするがな
    たとえば水に対しては「ドボドボ入れた」とか「ボタボタこぼした」という粘度が高そうな表現をするが
    お湯をドボドボ注いだみたいなことはあまり聞かない

    • それは熱湯を跳ねさせたら火傷するから、より慎重に注ぐというだけの話では?
      熱湯を冷水の様に雑に注ぐ人なんていまだかつて見たこと無いよ
      でもやろうと思えば熱湯だっていくらでもドボドボ注げる
      あんまり派手に注いだら全く跳ねなくても湯気だけで火傷しそうだけど

      • いやいや日本語での表現上での話
        お湯を実際にドボドボ注げるかどうかということではなくて

        でもまあ実際にお湯をドボドボ注ぐことは普通しないから、そういう表現も聞かないだけだ
        というのは筋が通ってるけど

    • 単なる屁理屈だな
      まぁバカの思いつきなんて、そんな底の浅いもんだよ(失笑)

    • お湯はサッと注ぐとか言うね

  3. 同じ量を同じ時間で同じ高さから入れるぐらいしないと

  4. 「絶対押すなよ!」
    「ポロリもあるよ!」

  5. 熱で水の弾性が変化して音波の伝達に影響してるのでは

  6. 注ぐスピードと水量がまったく違うじゃねえかw
    比較の条件が整ってない
    HOTでゆっくり慎重にするなよww

  7. ケトルでお湯沸かしてるとだんだん音が低くなっていくのも何か関係してるのかな

  8. 含有酸素量がどうしたこうした。
    てか、硬水と軟水でも音違うのかね。

  9. 多少音は違うと思うが
    この動画はダメだな
    お湯入れる時慎重になってて注ぎ具合が違いすぎる

  10. 水の分子が動いていると音も変わるのかね

  11. 水は注ぎ始めは音が高くて低くなり段々上がっていく
    お湯は注ぎ始めから右肩上がりで音が高くなっていく
    これって粘度の問題だったのな

  12. 先入観なしに(画像を見ずに)音だけ聞いて・・わかるもんだな。
    日頃あまり気にしてなかっただけで、脳は聞き分けていたのかもしれない。

  13. 違いはわかるけどどっちがどっちかはわからない…

  14. この人の注ぐ勢いが水とお湯で違ってるように見えるんだが
    水はさっと流してるけどお湯は慎重に流してないか

  15. こんなの注ぎ方が違うじゃんwってんなら、道具や機械で公平にやらせた検証結果を自分で動画アップすりゃいいじゃんよ。
    ツマンナイって言うなら自分で1クールのアニメ作れ!ってレベルじゃないんだから。

  16. 無意識にしろ日常的にお湯をそそぐ音って結構覚えてるもんだね

  17. 音が変わる理由、思いついたぞ。
    しかもかなり信憑性がある(はずだw)

    お湯の場合湯気がでる。
    湯気で音圧が下がる。
    そのせいで、まろやかな音になる。

    音のエネルギーを消すのに最も都合の良いのが水。
    だから、ロケットの発射の際、水カーテンを張る。
    音のエネルギーを打ち消すため。
    これと同じ理屈じゃない?

  18. 潜水艦などで使用するソナーを調べた事の有る軍オタなら水中での超音波伝播速度特性を理解している
    参考までに水密度1000kg/㎥、重力加速度9.8m/s2、水深1mの1pghの場合
    蒸留水10℃の場合、水中での音速は1448m/s
    蒸留水50℃の場合、水中での音速は1543m/s

コメントを書く 名無しさん キャンセル

メールアドレス入力不要

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scroll To Top